筋トレやダイエットに効果的?BCAAの効果や飲むタイミング

 

BCAAとは、筋肉を付けるために効果的だと言われているアミノ酸。『Branched Chain Amino Acids』の頭文字を取ったもので、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸の集合です。

 

ヒトの筋肉中のタンパク質中の必須アミノ酸のBCAAの割合は約35%と言われており、筋肉の生成に関わる割合はかなり高いと言えます。食物のタンパク質を構成する必須アミノ酸の約半分がBCAAであり、タンパク質が分解されるとBCAAになると考えて頂けると分かりやすいかと思います。

 

BCAAについて、その効果や飲むタイミングを詳しく解説します。

 

BCAAの効果とは?

タンパク質の原料となるBCAA。当然筋肉を増やすために有効な成分です。具体的には筋肉の分解を抑える効果、筋肉が修復するのを手助けする効果があります。

 

運動の際には、筋肉中のタンパク質が分解してしまいますが、BCAAを摂取することで、血液中のBCAA濃度が上がります。すると筋肉中のタンパク質の分解量を減らすことが出来るので、運動前にBCAAを摂取するは筋肉の分解を抑えることに繋がります。

 

またBCAA中のロイシンは膵臓からインスリンというホルモンが分泌するのを促進する効果があります。インスリンが分泌されることで筋肉の合成が促進されるので、BCAA、特にロイシンは筋肉の合成に効果があると言われています。

 

BCAAを飲むタイミングはいつ?

プロテインに比べて吸収が速いBCAA、運動する30分前の摂取がベストだと言われています。トレーニング中の摂取も有効ですし、トレーニング後にプロテインと一緒に摂取している方もいます。また、僕のように年がら年中BCAAを飲んでいる人も中にはいるでしょう(笑)

 

基本的には運動の前の摂取をおすすめしますが、プロテインと違ってカロリーも少ないですし、胃腸への負担もなく吸収がスムーズなので、結構飲みまくっても良いのかなと思います。

 

HMBアルティメイトにはHMBだけでなくBCAAも含まれているので、トレーニング前、トレーニング中のサプリメントとしてはかなり効果が期待できると思いますよ。

 

>>HMBアルティメイトの効果と口コミ