グルタミンの効果

疲労回復や風邪の予防に!グルタミンの効果や飲むタイミング

 

グルタミンとはアミノ酸の一種で、正式名称は2-アミノ-4-カルバモイル酪酸(2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸)。1883年にサトウダイコンの搾りかすから発見されました。

 

筋肉中のアミノ酸の約60%を占めていると言われており、体内のエネルギー代謝に重要な役割を果たしています。体内で合成することが出来る非必須アミノ酸ですが、体内の生成量では不足することが多いので、準必須アミノ酸として分類されることもあります。

 

※非必須アミノ酸とは、体内で合成が可能なアミノ酸のことです。グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン、アルギニン、システイン、チロシン、プロリンの11種類です。体内で合成できないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。

 

グルタミンの4つの効果

筋トレをする人が好んで摂取するグルタミン。色々な効果がありますが、4つに絞って紹介します。

 

消化機能をサポートする効果

腸管には栄養を吸収するじゅう毛という組織がありますが、グルタミンはそのじゅう毛の栄養源となります。そのため、グルタミンを摂取することで腸の働きが良くなり、消化吸収が活発になるでしょう。

 

当然HMBやBCAAなどの他の成分の吸収も良くなりますし、アミノ酸が含まれている多くのサプリメントにはグルタミンが配合されています。

 

免疫力を高める効果

ウイルスや細菌などから身体を守ってくれる効果があり、インフルエンザウイルスにも対抗する作用があるとも言われています。筋トレをすると免疫力が低下し、風邪を引きやすくなります。

 

グルタミンを摂取することで健康にトレーニング出来るようになるでしょうし、風邪の引き始めに大量にグルタミンを摂取することで風邪が治ったという口コミもあります。

 

筋肉の分解を抑える効果

運動をすると、筋肉内のタンパク質が分解されて、エネルギーとして使われてしまいます。運動前にグルタミンを摂取することで、その筋肉の分解を抑える事が出来、結果として筋肉を強化することに繋がります。

 

アルコール代謝を促進する効果

グルタミンにはアルコールの代謝を促進して、二日酔いを軽くする効果があると言われています。二日酔いなどの原因物質であるアセトアルデヒドの血中濃度を低下させるという効果が実証されているグルタミン。

 

アルコールを代謝する機能がある肝臓の働きをサポートする役割もあるので、飲み会続きの時は強い味方になるかも知れません。

 

グルタミンを飲むタイミング

 

トレーニングの前後や筋トレの最中に摂取すると良いでしょう。トレーニング中にマメにグルタミンを補給しているようなビルダーさんもいますし、ハードにトレーニングをしている人であれば、過剰摂取になることも少ないでしょうから飲みまくるのも一つの手。

 

筋トレをしない日であれば食後の摂取が良いと思います。消化吸収を助ける働きがあるので、胃腸が弱い方にはかなりおすすめの成分ですよ。

 

グルタミンとグルタミン酸の違い

昆布の旨味成分であるグルタミン酸。グルタミンとは別物なので注意しましょう。分子構造が似ているためグルタミンと同じような名前のグルタミン酸。脳神経細胞のエネルギー源となるアミノ酸の一種です。

 

脳に有害であるアンモニアが入ると、グルタミン酸はアンモニアの酸性度を調整しグルタミンを生成します。アンモニアを体外に排出する働きや疲労回復、利尿効果、肥満の予防などに効果があると言われています。

 

グルタミンについてのまとめ

グルタミンは筋トレをしている人にとって、非常に有効な成分。HMBアルティメイトにはHMBだけでなくグルタミンも含まれているので、トレーニング前、トレーニング中のサプリメントとしてはかなり効果が期待できると思いますよ。

 

⇒現役トレーナーがHMBアルティメイトを本音で口コミ!