副作用無しで安全に飲めるの?HMBの効果や飲むタイミング

 

HMBとは、アミノ酸の一種であるロイシンを摂取すると、体内で生成される物質です。正式名称は正式名称は『β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸』。運動で筋肉が分解してしまうのを抑える効果、筋肉が合成するのを促進する効果があります。

 

発見されたのは1996年、日本で販売が解禁されたのは2010年と、プロテインやクレアチン、BCAAに比べると遥かに歴史が浅いのですが、その効果の大きさからボディビルダーやアスリートに人気があります。

 

HMBの効果とは?

HMBは運動によって筋肉が分解するのを抑える効果と、筋肉が合成するのを助ける効果があります。運動の際には、筋肉中のタンパク質が分解され、エネルギー源として使われてしまいます。

 

その使われる割合を少なくすることで、結果として筋肉の分解を抑えることになります。また、筋トレで筋肉が大きくなるのは、分解してしまった筋肉がより強く、大きくなって再生するから。

 

HMBはその筋肉の再生をサポートする働きがあります。筋肉の原料になるというよりは筋肉を再生するためのスイッチとしての役割を果たすHMB、臨床実験でも効果が確認されている成分です。

 

HMBの適切な摂取量は?

臨床実験によると、筋肉量の増加が一番認められたHMBの摂取量は、1日3gとのことです。それより少なくても効果が薄くなってしまいますし、逆に多すぎても逆効果になってしまいます。

 

HMBアルティメイトに含まれているHMBは、4粒で1500mg。より早く結果を出したい方であれば、倍の8粒を摂取して、HMBの効果を最大限に得るのも一つの方法かも知れません。

 

ただし、8粒以上を摂取しても効果が薄まってしまうので、最大でも8粒までに留めるように注意しましょう。

 

HMBを摂取するのに適したタイミングは?

運動前、運動中、あるいは運動後の摂取が良いと言われています。HMBアルティメイトの場合はBCAAやフェヌグリーク、バイオペリンなども含まれているため、運動前か運動中の摂取がメーカーからも推奨されています。

 

個人的な体感としては運動の30分前くらいの摂取がベスト。もちろん飲み忘れてジムに行ってから気がつく時も、トレーニングの途中で気がつく時もあるので毎回運動30分前に飲めている訳ではありませんが、なるべく忘れないように心がけています。

 

なお、運動をしない日であれば食後の摂取がベスト。食事と一緒に吸収することで、吸収効率がアップします。出来るだけ小分けにして摂取できればなお良いのですが、難しそうであれば夜にまとめてでも構わないでしょう。

 

HMBが含まれているサプリメントはかなり増えてきましたが、トレーニング経験が浅い人にとってはHMBアルティメイト、あるいは圧倒的な販売実績を誇るビルドマッスルHMBがおすすめです。ビルドマッスルHMBに関してはこちらで詳しく解説しています。

 

http://xn--hmb-ti4bua1h4bth3cb3j8fmhe.xyz/