どの部位から鍛える?効果を高めるための正しい筋トレの順番

 

同じメニューでトレーニングをする場合でも、順番によってその効果が変わってしまうなんてことがあります。以下のポイントを押させて、筋トレの順番に気をつけましょう。

 

複数の筋肉を使う種目からやる

例えば下半身のトレーニングの場合、まずはスクワットやレッグプレスのような、複数の筋肉を使う種目から行うのが重要です。

 

ももの前側だけが鍛えられるレッグエクステンションマシンや、ももの裏側だけ鍛えられるレッグカールマシンをやった後にスクワットをやると、事前に使われた筋肉が疲労しているので、スクワットの効率が落ちてしまいます。

 

あえてそのようなやり方を好むビルダーもいたりしますが、基本的に複数の筋肉を使う種目を先にやりましょう。

 

多関節種目から行う

上記の言い換えのようなものなのですが、複数の関節に関与する種目から先に行いましょう。股関節、膝関節、足関節も多少関与するスクワットのように、複数の関節が関与する種目を多関節種目と言います。

 

それに対して、レッグエクステンションやレッグカールは膝関節以外は固定して行う種目であり、そのような種目を単関節種目と呼びます。多関節種目は当然のことながら使われる筋肉が多く、単関節種目は少ない。

 

そのためポイント1と言っていることはほとんど同じなのですが、使われる筋肉が分からなくなったら、関与する関節の数で順番を判断しましょう。

 

重い重量を扱える種目から行う

安全面からも、トレーニングの効果を高めるためにも重要なのがこのポイント。重い重量を扱うということは、それだけ怪我のリスクも上がります。なので、トレーニングの最初に、集中力の高い状態で取り組むべき。

 

しっかりウォーミングアップをして、高重量のトレーニングからやっていきましょう。筋肉を大きくするという意味でもこの順番は重要で、やはり重い重量を扱わないと筋肉量はなかなか増えてきません。

 

種目ややり方を工夫することも大事なのですが、重量を上げることが一番の近道だったりします。重い重量を扱えるはずの種目も、トレーニング後半になってくると疲れてきて扱える重量が落ちてしまいます。

 

事前に披露させるという方法もあるので完全に否定はしませんが、基本的には一番良い状態で、一番重い重量を扱うことが筋肉量を増やすための最短の方法だと思いますよ。正しい順番で効率的に筋トレをしたら、やはり栄養も必要。

 

筋トレの効果をサポートしてくれる成分が満載のHMBアルティメイトに関しては、こちらで詳しく紹介しています。

 

>>HMBアルティメイトの効果と口コミ