鍛えて痩せる!ダイエットのためにつけるべき筋肉とは?

 

痩せるためには筋トレが有効。筋肉が増えると、基礎代謝、すなわち何もしていなくても消費されるカロリーが増えます。更に動いた時に消費されるカロリーも増えるので、痩せるためには筋トレがおすすめ。

 

ただ、せっかく筋トレをしていても、やみくもにやっていては結果が出るのが遅くなってしまいます。そこで、痩せるための筋トレについて、現役のトレーナーが解説します。

 

大きい筋肉を鍛える

前述したように、筋トレで筋肉の量を増やすことが出来れば痩せやすい身体になることが出来ます。逆に言えば、一生懸命筋トレをしていても筋肉の量がさほど増えていなかったら、あまり成果は出ないでしょう。

 

そこで、筋肉の量が増えやすい部位、要するに大きい筋肉を優先的に鍛えるようにしましょう。

 

太ももやお尻の筋肉、背中や胸の筋肉に特に力を入れると良いでしょう。お腹をひっこめたいから腹筋だけをやるような筋トレの方法では、結果として遠回りになってしまいます。腹筋は小さい筋肉なので、量も増えにくく代謝を上げることには繋がりにくいですからね。

 

一見遠回りに見える脚や背中、胸の筋トレが、結果としてはお腹をひっこめるための近道なのです。

 

全身の筋肉を鍛える

  • びれが欲しいからお腹だけ鍛える
  • 振り袖が気になるから二の腕を重点的に鍛える

 

引き締めたい場所を集中して鍛えれば、一見すると効果が出るように思うかも知れません。しかし、部分痩せは難しいというのが実際の所。腹筋運動や二の腕のトレーニングそのもので消費されるカロリーはたかが知れていますし、使った場所の脂肪から燃焼していくわけではありません。

 

身体の部位によって脂肪が燃焼されやすい部位となかなか脂肪が落ちない部位がありますが、その部分をコントロールするのは難しいので、全身の筋肉を鍛えたほうが良いです。

 

前述の通り、筋トレで筋肉を増やして代謝を上げる事が出来れば自然と痩せやすい身体になります。その為、大きい部位から中心に、全身の筋肉を鍛えるようにしましょう。

 

偏った部位のトレーニングをしていると、それ以外の部位の筋肉は大きくなりません。いくら脚の筋肉が大きいからと脚だけ鍛えていても、背中や胸の筋肉を全く鍛えなかったら代謝はあまり上がらないでしょう。

 

ふくらはぎとか前腕のような身体の末端に近い部位は、必要があれば鍛えるという感じで良いと思います。基本的には大きな部位を。脚、背中、胸、余裕があれば肩や腕、腹筋も鍛えるようにしてみて下さい。筋肉を鍛えるための具体的な方法は、こちらで詳しく書いています。

 

>>HMBアルティメイトの効果と口コミ